アフターピルの一般販売は無いです

アフターピルは、避妊に失敗したり性犯罪の被害にあった際に、望まない妊娠を避けるために処方される薬です。
緊急避妊薬とも呼ばれるように、行為を終えた後に緊急で避妊するために服用する薬です。
緊急用の薬であるため、毎日飲み続けることで避妊効果を得る一般的な避妊用ピルよりも吐き気などの副作用が出やすい強い薬です。
行為の後ならいつ飲んでも避妊効果が得られるわけではなく、一般的に行為から七十二時間以内、服用が早ければ早いほど避妊効果が高いとされています。
アフターピルを服用することによって排卵を阻害して卵子と精子が出会って受精するのを回避したり、排卵後で受精してしまった場合でも着床を阻害することで妊娠の成立が出来ないようにする効果があります。
しかしながら、百パーセントの確率で避妊に成功するわけではなくアフターピルを服用しても妊娠する可能性があり、性病に対しては効果がないため別途検査や治療が必要になってきます。
アフターピルは保険が適応されない薬ですが、ドラッグストアなどで一般に販売されている薬では無いです。
必ず産婦人科などの病院を受診して処方してもらうことになります。
何時間おきに何錠飲むかなど飲み方が決まっているのでその指示通りに飲まなければ、避妊効果も下がってしまいます。
失敗したときや被害に遭ったときのために前もって処方してもらうことが出来ないため、必要になったときに慌てないで済むように前もって処方してくれる病院を探しておくことが七十二時間以内という制限がある為に大切なことであるとされています。
アフターピルが周知されることで望まない妊娠が減り、人工妊娠中絶も減るのではないかと期待されています。