アフターピルは月経前症候群や更年期障害などに有効

アフターピルは、緊急避妊を行うときに服用する避妊薬のことです。性行為を行うときにコンドームを付け忘れたときになどにアフターピルを服用することで妊娠を避けるように配慮することができます。現在では新しいタイプの商品も販売されており、1回の服用で長時間の避妊効果を得ることができます。また更年期障害を改善するときや月経前症候群などの治療を目的として服用することがあります。
避妊の仕組みについては、排卵を抑制させたり排卵を遅らせるなどの作用があります。
このように緊急避妊をするときには有効な方法となっており一般的に使用されるアフターピルですが、注意事項もあります。注意事項としては、アフターピルは中絶のための薬ではないということです。すでに妊娠している人にとっては効果がない薬となります。
副作用としては、服用後少したってから吐き気などを引き起こすことはありますがそこまで長く続くわけではありません。ですので安静にしておくと収まります。そのほかの症状としては、頭痛や倦怠感などが報告例としてありますがそこまで重くはありません。ただごくまれに血栓症を引き起こす可能性がありますので、おかしな兆候が見られるときには速やかに医療機関で治療を受けるようにします。
緊急避妊ピルが効いたかどうかについては、服用後すぐに分かるものではないことも留意します。そのあと月経などが数日から数週間の間に来るかどうかで避妊できたかどうかが分かるというのが一般的です。
アフターピルを服用したからといって必ず妊娠しないというわけではありません。ごくまれに妊娠してしまうこともあるということを意識しておきます。また、アフターピルを服用したあとは数日間は性行為は行わないようにします。